楽しみ方

器のペイント方法

お部屋の雰囲気に合わせて、器を自分好みにアレンジメント!本日は、ガラス用塗料を使ったペイント方法をご紹介します。

1、ガラス用塗料を用意する

<左奥:ターナー色彩「ガラスペイント」>
ガラスに直接塗れる透明感のあるペイント剤です。瓶詰めタイプの他に、ガラスに線などを書くためのチューブタイプもあります。

<右奥:Pebeo「ヴィトラーユ」>
発色も良くて透明度に優れた溶剤系(油性)絵具です。色のバリエーションはたくさんあります。

<左手前:ヤマト「グラスデコ」>
のりと絵具を合わせた塗料で、乾くとシール状になり、ガラスに貼ったり剥がしたりすることができます。ステンドグラスに似た透明感もあり、手軽にペイントすることができます。

<右手前:ガラス棒(丸)>
丸模様のデザインを器に付けたい時に使用します。

2、塗料を塗る(瓶詰タイプ)

塗料が垂れないように、器は横に水平に置いてください。

ガラスに塗料を塗る場合、筆を使用すると塗料のムラが目立ってしまうので、ガラス棒や木の棒などの断面(丸や四角など)を使用して、スタンプするように塗料を押し付けていきます。

その際、あまり力を入れてガラス棒を押し付けると、塗料が垂れて滲んでしまうので、軽く押すようにすると綺麗に仕上がります。


色が重なるところは、下の色がある程度乾いてから(約20分程度)、次の塗料を塗ってください。

3、塗料を塗る(チューブタイプ)

器は横に水平に向けて置いてください。
チューブタイプも、やわらかい塗料のため、塗料を一度に出し過ぎずに、少しずつゆっくりとペイントしてください。

4、ペイント完成






5、植物を入れる

水で育てる小さな森 WOOTANG(ウータン)
手間なし&枯れずらい、室内向けの水耕栽培(水栽培)に特化した植物ブランド
https://wootang.jp/