コラム

水耕栽培,水栽培,観葉植物,

水耕栽培(水栽培)で観葉植物を育てるメリットとは?

土を使わず、水だけで育てる観葉植物の水耕栽培(水栽培)にはさまざまメリットがあります。

1、土を使わないので衛生的!だから室内のどんな場所にも置ける

水耕栽培(水栽培)は土を使わず、水だけで育てるので、とても衛生的。だから、土の植物を置くのはちょっとためらうようなキッチンやダイニングテーブル、バスルーム、寝室など、お部屋のどんな場所にも置くことができます。
コロナ禍でおうち時間が多くなる今、水耕栽培の観葉植物はお部屋のインテリアとしてピッタリです。
水耕栽培

2、毎日の水やりは不要!お手入れが簡単

土を使った植物だと、夏場などは毎日の水やりが必要になりますが、水耕栽培であれば、その手間も必要ありません。植物が常に水に浸かっているので、水切れで枯れる心配もないので、初心者でも安心です。
週に1度程度、減った分の水を足すだけなので、手間が全くかかりません。

3、土を使わないから虫の心配がない

土を使わず、水だけで育てる水耕栽培では、虫が発生することがほとんどありません。
通常、室内で育てている観葉植物に虫が発生する原因の多くが「土」であると言われています。土の中に虫の卵が紛れ込んでいたり、土が虫の隠れ家になっていることで、虫が発生します。水耕栽培では、水だけで育てるので、虫の侵入を防ぐことができるので安心です。

4、お部屋のインテリアとしてピッタリ!毎日の癒しにもなる

透明なシンプルなガラス容器で育てるので、どんなお部屋の雰囲気にも合わせることができ、インテリアとしてピッタリです。窓辺に置けば、容器の中の水が揺らいで光が反射し、植物の緑はあなたに癒しを与えてくれます。
観葉植物の水耕栽培

水耕栽培(水栽培)の植物販売
土を使わず水で育てる植物ブランド・WOOTANG(ウータン)
https://wootang.jp/