BLOG

初心者でも室内で簡単に育てられる!野菜・ハーブの苗の水耕栽培のやり方

本日は「野菜・ハーブの苗」を使った水耕栽培のやり方を解説します。

苗は基本、どんな種類でも水栽培できます。
また、苗以外の材料は、全て100円ショップで購入できるものを使用していますので、ぜひお試しください。

 

1、材料の用意

野菜の水栽培、野菜の水耕栽培

・野菜・ハーブの苗
・瓶(透明で容量1,000ml)
・キッチンスポンジ
・水栽培用の液体肥料

野菜・ハーブの苗は、園芸店やホームセンターで販売しているポットの苗を使用してください。
野菜は、成長したらすぐに食べられる「葉物系の野菜(リーフレタス、ほうれん草、水菜など)」がおすすめです。
ハーブはご利用に合わせて選んでください。(料理ならローズマリー、ハーブティーならミントなど)

瓶は、水の量がすぐにわかるように透明なもので、容量は最低500ml以上、理想は1000mlです。
写真は100円ショップのセリアの「PETジャーボトル1000ml」という商品です。

キッチンスポンジは、2層に別れていて上面に固い層(写真だと緑の濃い部分)があるスポンジを利用してください。
この固い層が、瓶の口に引っかかってスポンジが中に沈まずにすみます。
写真のスポンジは、同じくセリアの5個入り「ハードスポンジ5P」です。

液体肥料は、なるべく水栽培用の液体肥料を使用してください。
水栽培用の肥料は、1液タイプと2液タイプ(2種類を混ぜ合わせるタイプ)があり、効果が強いのは2液タイプです。
ただ、手間を減らしたい人には混ぜる必要のない1液タイプがおすすめです。
写真は「おうちのやさい 液肥C 簡単一液タイプ 500mL(Aamzonで2,270円)」という商品です。
2液タイプでおすすめの商品は「
協和ハイポニカ 協和 ハイポニカ液体肥料 500mL(Amazonで1,396円)です。

 

2、苗の土を全て取り除く

野菜の水栽培

野菜やハーブをポットから取り出し、土を取り除きます。
根に絡みついた土も、流水でよく洗い流してください。

この時のポイントは、なるべく根を残すために優しく洗いながらも、土を完全に落とし切ることです。

水栽培では、根が最も重要になるので、土を落とす時は根が切れないように十分注意してください。
また、水栽培で育てる時に、水の中に土が混入してしまうと、苗が根腐れてしてしまうことがあるので気を付けてください。

 

3、キッチンスポンジを半分に切る

瓶の口の直径を物差しで測り、その直径より1cm程度長くなるようにキッチンスポンジを切ってください。

2層のキッチンスポンジは、下の層は柔らかく伸び縮み可能なので、どんな直径の瓶にも入ります。
上の固い層は伸び縮みしないので、この部分が、瓶の口に蓋をするような形で引っかかって落ちないようにするため、1cm程度長く切ります。

 

4、キッチンスポンジを十字に切る

野菜の水耕栽培

キッチンスポンジに苗を挟むために、カッターで十字に切ります。

この時、1面は切り開いた状態にして、残り3面は完全に切り開かずにキッチンスポンジと繋がった状態にしてください。

十字の切り込みはなるべく大きい方がいいので、キッチンスポンジがバラバラにならないギリギリまで切ってください。
定規でキッチンスポンジを強く押さえながらカッターで切ると切りやすいです。

 

5、キッチンスポンジに苗を挟み込む

十字に切ったキッチンスポンジの中央に、苗を挟み込みます。

苗は、頑丈な茎の根元部分をキッチンスポンジに挟み込むようにして、スポンジの下から根が出るように調整してください。

 

6、瓶に苗を挟み込んだキッチンスポンジを入れてセットする

苗を挟み込んだキッチンスポンジを瓶に入れます。

この時、キッチンスポンジを、瓶の口の直径より少し大きめ(約1cm大きめ)に切ったので、柔らかい層は瓶の中に入りますが、固い層は瓶の口の上で止まります。
この状態にすると、柔らかい層が瓶の中で膨張することでピッタリと密着し、固い層が蓋の役割をすることで、瓶の中に落ちることが無くなります。

 

7、水(溶液)を入れて、日の当たる場所で育てる

野菜の水栽培

観葉植物の水栽培では現状維持(大きさをキープ)を目的にしているため、肥料は使用しませんが、野菜の水栽培では、大きく成長させるため、肥料を使用します。

水栽培用の1液タイプか2液タイプの液体肥料を、1000倍に薄めて使用してください
水栽培用の液体肥料の注意書きには通常400〜500倍に薄めるよう指示書きがありますが、肥料が濃すぎると枯れてしまうことがあるので、指示書きの2倍に薄めて使用した方が安心です。

1000倍の希釈は、1.5L(1500m L)のペットボトルに、液体肥料1.5mL(小さじ1/3程度)を入れるのが目安になります。

この液体肥料を入れた溶液を、根が半分浸かる程度まで瓶に入れます。
根を完全に水に浸けると、酸素不足により寝腐れるする確率が高まるので、根の半分が常に空気中に出るように水の高さを調整してください。

水やり、水替えについては、1週間に1度、減った分の水(溶液)を足してあげて、2週間に1度、新しい溶液に全部交換してください。
古い溶液には不純物が混じってきますので、必ず定期的に溶液は全部交換してください。

野菜の水栽培、野菜の水耕栽培

大きく成長したら、料理やティータイムなどで使用してください。

<注意事項>
※鑑賞用ではなく、口にするものですので、液体肥料の濃度、水交換など栽培には十分注意を払ってください。
※野菜から嫌な臭いがする場合は、根腐れやカビが生えていることがあるので食べることは避けてください。
※水栽培で育てた野菜・ハーブを飲食で使用する場合は、自己責任でご使用ください。

 

水だけで育てる観葉植物ブランド WOOTANG(ウータン)

水栽培・水耕栽培で育てる観葉植物/サボテン/マイクロ蘭/アボカドの種/球根などを販売中

水だけで育てる観葉植物

水だけ育てる観葉植物

水だけ育てるサボテン,サボテンの水栽培、サボテンの水耕栽培

水だけで育てるサボテン

水だけで育てるマイクロ蘭,蘭の水栽培、蘭の水耕栽培

水だけで育てるマイクロ蘭

アボカドの種の水栽培

水だけで育てるアボカドの種